数字がつく名前のサクラソウ後編

数字のつく名前のサクラソウです。この写真は佐倉にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で毎年開催されるサクラソウ展で撮影したものです。かなりの数が展示されます。皆さんもぜひ一度、サクラソウの世界をのぞいてみてください。

①十州の空

②十二単衣

③十六夜

④九十九獅子

サクラソウ 数字の名前ー前

サクラソウ 古くから日本人に親しまれてきている宿根草ですが、愛好家も多くそのため数多くの種類が生まれています。名前の中には数字の入っているものもありますので、ご紹介します。

①夢一夜

②三保の古事

③七賢人

④八ヶ岳白

⑤数字が前後しましたが、六玉川 です。命名されるとなるほどな?イメージが浮かんでくるのが不思議ですね?

青いモミの木 コスター

コスターはマツ科トウヒ属

Picea pungens ‘Koster‘

クリスマスツリー型のコニファーで、樹高は10メートルほど、ボリュームがあり銀青色の葉が美しく人気があります。この仲間はコロラドトウヒ、アメリカハリモミと呼ばれています。原産は北アメリカ大陸の西北部あたりです。

さくらそう 白花5種

サクラソウにも花弁が白のものが多くあります。ちょっと変わった名前のものを探してみました。これだけ歴史があり品種があると、それぞれ名前を付けるのも大変だと思いますが、自分で育種したものに命名できる名誉するわけですから、うれしいでしょうね?

①喰裂紙

②光る雪

③白蝶の契

④白蜻蛉

⑤薄蛇の目

日本のサクラソウ 初~

サクラソウは学名ではPrimura

春一番に咲くプリムローズです。

サクラソウ科の常緑の宿根草。

日本では江戸時代に大ブームが起こり、たくさんの園芸品種が生まれました。今でもたくさんの品種があり、愛好家も多いようです。今回は新年ですから、初~と名前の付くものを集めてみました。

①初衣

②初烏

③初姿

④初心

⑤初声

いずれも国立歴史民俗博物館くらしの植物苑にて撮影

スイセン 白花タイプ5種

今回は清楚な白花のスイセン5種です。

①アクロポリス

②ウイストンチャーチル

③セルマログラフ

④ダブルイベント

⑤ペーパーホワイト

水仙の花弁の色は黄色、オレンジ、白の三色なわけですが、ひときわ白の花弁は奥ゆかしくも華やかで、深みがあっていいですね。

スイセン 5種

スイセン Narcissus

ヒガンバナ科の球根

エレガントで清楚な花は、強健で香りも高く、晩秋から春を飾ってくれます。

①ガーデンジャイアント

②キングアルフレッド

③スージー

④タヒチ

⑤ハウエラ

原産は地中海沿岸、北アフリカ、西アジアの秋植え球根、掘り上げは6月頃。分球で増えた子球は掘り上げの時に戻して植え替え、大きく太らせた方がいいでしょう。3から4年は植えたままでよいでしょう。

ミツマタ

ミツマタ  Edgeworthia  chrysantha

枝が三本に分かれるのでこの名前が付きました。寒い冬の季節にフェルト状の丸い蕾が目立ちます。オレンジ色の花が咲くのは4月頃です。

原産地は中国、ジンチョウゲ科の落葉樹です。樹高は1,5mほど。寒さには強いのですが、北風には直接当たらない方角に植えた方が、花や蕾が傷まないでしょう。

サザンカ群 5種

今回は白花のサザンカ5種です。

冬に咲くツバキ類は、小鳥を呼びたいためなのか赤い花が多いような気がします、その中にあって白花の花は清楚でひときわの存在感です。

①富士の峰

②福雀

③初霜

④銀月

⑤朝倉