レンブ

レンブ  Syzygium  jambos

赤い美しい果実のレンブはフトモモ科、熱帯に500種ほどある常緑の高木の仲間です。

レンブは洋ナシのような形をした果実で、さっぱりした味のトロピカルフルーツです。実がなるのは7~8月です。 挿し木や取り木で増やします。

パッションフルーツ

パッションフルーツ(クダモノトケイソウ) Passiflora  edulis

独特な花の形からトケイソウの名がつけられています。トケイソウ科トケイソウ属という名をもち、熱帯アメリカやオーストラリア、マダガスカルなどに400種ほどある、常緑のつる性です。果実の大きさは5~8センチほどで、生食もでき、ジャムやジュースにもされます。花の赤いベニバナトケイソウやピンクトケイソウなどもあります。

マルメロ

マルメロ  Cydonia oblonga

甘く良い香りのする大きな果実を実らせるマルメロはリンゴやナシと同じバラ科の落葉樹です。樹高は6メートルほど、

別名は熟した果実の色から「ゴールデンアップル」、果実の煎じたお茶やシロップは咽喉炎や下痢に良いとされ、ハーブとして「クウインス」(Quince)の名があります。春の花はピンク色、果実は秋に実ります。堅くて酸味があり、味は良くない、ジャムやゼリー、果実酒などに加工されます。

キバナコスモス

キバナコスモス  Cosmos sulphureus

従来のコスモスより背が低く1mに至りません。花色も黄色とオレンジ色で、一重と八重があります。早咲きの品種が夏の花壇に喜ばれます。

原産はメキシコ  キク科の一年草、従来のコスモスC,hipinnatusの近縁種

日当たりと水はけのよい場所を好みます。咲き終わった花柄をこまめに摘んでおくと、尚美しく保てるでしょう

トルコギキョウ

トルコギキョウ

Eustoma grandiflorum

切り花として親しまれるトルコギキョウは、草丈も30㎝ほどの、鉢植え用の品種も出てきて、水はけのよい場所の花壇や、コンテナでも楽しめれるようになりました。花色も豊富、一重や八重の品種もあります。

原産は北アメリカ、リンドウ科の一年草です。花はデリケートで、雨などが当たらないようにします、根腐れを防ぐためにも水やりに注意し、過湿には気を付けましょう。

ゴシキトウガラシ

ゴシキトウガラシ

Capsicum annuum var,cerasiforne

香辛料として世界中で親しまれているトウガラシの観賞用園芸品種です。実の色、形など様々な種類があります。白色の花が順番に咲いてきます、実が成りはじめると黄色~紫~赤や、黄色~オレンジ色~赤色などに変化し、花壇やコンテナを11月頃まで、カラフルに彩ってくれます。

原産は南アメリカ  ナス科の一年草です。日当たりのよい場所を好みます、草丈は30㎝ほどです。

センニチコウ

センニチコウ Gomphrena

ドライフラワーのような乾いた花を、6~11月にかけた夏に咲かせてくれます。一般的な花壇で植えられるのはG,グロボーサで、草丈は50センチほどまで伸びます。花に見えるのは苞で、色はカラフル、ピンク、白紫などです、原産は熱帯アメリカ ヒユ科の一年草です。

写真の2、3番目はストロベリーフィールドとワイズカーメインで、大人向けの上品な色合いが人気で、背も高く、ボーダー花壇の中央でも存在感を示します。